塩尻市立図書館

HOME利用案内3Dプリンター利用のご案内

3Dプリンター利用のご案内

3Dプリンター利用サービスのご案内

3Dプリンターは、パソコンで作る、あるいはダウンロードした3Dデータ(立体データ)を印刷する機械です。

塩尻市立図書館は、ものづくりを実践する企業の皆様や、個人でものづくりを楽しむ方を対象に、3Dプリンターの利用サービスを行っています。お気軽にご利用ください。

当館所有の機器について

 Mutoh MF-2000
 フィラメント:ABS、PLA(選択できます)

 業務用ではなく、個人所有レベルの機器で、2015年に購入したものです。

 近年の3Dプリンターの機器の低価格化にともない、導入を検討されている企業もあると思います。当館の機器をご利用いただくことで、個人用のものがどの程度の精度で印刷できるか確認することもできます。試作品の造形をデザインしてすぐにできる点も便利です。

 また、趣味で立体物の造形などを楽しむには最適な機器です。

利用料金

 9:00~12:30 1,400円
 13:00~17:00 1,600円
 17:30~22:00 1,800円※平日のみ

 いずれも水曜は休館のため、利用できません。

 印刷時間の目安:
  5センチ四方の立方体の印刷に約3時間かかります。印刷速度の調整ができるため、速度を速めれば時間も短縮されますが、その分、印刷の精度は低くなります。

利用対象

 個人・企業の方、市内・市外の方問わず、どなたでもご利用できます。

利用される前に

 申し込みをされる前の注意事項です。はじめにお読みいただいた上で、利用をお申し込みください。

  • 通常のプリンターで印刷をするのと同じで、3Dプリンターを使うときには、あらかじめ3Dデータを準備する必要があります。ご自宅のパソコンやタブレットなどを使い、3Dデータを作成した上でお申し込みください。
  • 3Dデータを作成したら、usbメモリ等にstl形式のデータを保存し、お持ちください。
  • 3Dデータの作成には専用のソフトが必要です。無料のものから有料のものまで様々なものがあります。詳しく知りたい方はお問い合わせください。
  • あくまで個人所有用の機器です。精度の高い造形物をご希望の場合は、別の機関をご案内いたしますので、お問い合わせください。

利用方法

  1. お電話にてご予約ください。予約の際、初めての利用かどうかをお知らせください。初めての場合は、スタッフが機器の使い方を説明します(30分程度)。
  2. 利用当日までに、えんぱーく2階総合窓口にて利用料をお支払いください。
  3. 3Dプリンターの設置場所(基本はICTスタッフルーム)にご案内いたしますので、ご利用ください。利用の手順は以下のとおりです。
    1. お持ちいただいた立体データ(stl)を、3Dプリンター用の印刷データ(gcode)に変換します。
    2. フィラメントを充填(普通のプリンターでいうインクの充填)します。
    3. 印刷を開始します。

不明な点は、お問い合わせください。

3Dprinter_omote.jpg

3Dprinter_ura.jpg

チラシ:3Dプリンター利用案内 (PDF 223KB)