塩尻市立図書館

HOMEお知らせ「平成29年度地方創生レファレンス大賞」審査会特別賞を受賞しました!

「平成29年度地方創生レファレンス大賞」審査会特別賞を受賞しました!

「平成29年度地方創生レファレンス大賞」審査会特別賞を受賞しました!

塩尻市立図書館はこのたび、11月8日(水曜日)にパシフィコ横浜にて開催されたイベント「地方創生レファレンス大賞」におきまして、県内の図書館では初となる「審査会特別賞」を受賞いたしましたので、次のとおりお知らせいたします。

地方創生レファレンス大賞とは

 図書館の資料を使って調べものをサポートする「レファレンス」(調査相談)機能の強化と、優良事例の広報を目的に、年に1度、全国の図書館等からレファレンス事例を募集し大賞を決めるものです。地方創生レファレンス大賞実行委員会が主催し、運営や審査を行っています。

審査結果

 今年度は17件の応募があり、3件の事例(塩尻市立図書館、沖縄県立図書館広島市立中央図書館)が書類審査を通過し、2017年11月8日(水曜日)にパシフィコ横浜において開催された、最終審査(プレゼンテーション審査)を受けました。最終審査の結果、当館は「審査会特別賞」を受賞、大賞にあたる文部科学大臣賞は沖縄県立図書館が受賞しました。なお、長野県内の図書館では、当館が初めての受賞です。

応募事例

 当館が応募した事例は次のとおりです。

  • 事例名
    「家印(いえじるし)」創業までの道のり
  • 事例内容
    平成28年11月から、長野県よろず支援拠点と共催で開催する「ビジネス情報相 談会」において、平成29年5月に表札デザイン業「家印」を創業された、相談者の吉江ヒロさんに対し、創業相談や情報提供などを実施しました。

今後とも、レファレンスサービスをはじめとする、図書館の基本サービスの充実に努めてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

IMG_20171111_205140.jpg