塩尻市立図書館

HOMEお知らせ「平成30年度地方創生レファレンス大賞」奨励賞を受賞しました!

「平成30年度地方創生レファレンス大賞」奨励賞を受賞しました!

塩尻市立図書館はこのたび、10月30日(火曜日)にパシフィコ横浜にて開催された大会「地方創生レファレンス大賞」におきまして、昨年の「審査会特別賞」受賞に続き「奨励賞」を受賞しました。

地方創生レファレンス大賞とは

 図書館の資料を使って調べものをサポートする「レファレンス」(調査相談)機能の強化と、優良事例の広報を目的に、年に1度、全国の図書館等からレファレンス事例を募集し大賞を決めるものです。地方創生レファレンス大賞実行委員会が主催し、運営や審査を行っています。

審査結果

 今年度は、最終選考(プレゼンテーション審査)には選出されなかったもの の、新たに設置された奨励賞を受賞しました。

 主催者発表サイト https://www.libraryfair.jp/news/7748

応募事例

 当館が応募した事例は次のとおりです。

  • 事例名
    「信州の山の魅力を発信!」
  • 事例内容
    当館に設置する3Dプリンターを活用して立体地形を制作する市民団体「立体地形図の会」と連携し、3D模型やプロジェクションマッピング、VR技術をつかった山頂パノラマ映像などのコンテンツを制作。山岳関係の仕事に従事される方や登山ファンに対し、信州の山の魅力を発信したり、コンテンツ制作にかかる技術的な支援を実施した事例です。地域に飛び出す図書館サービスの実践事例として評価されました。

今後とも、レファレンスサービスをはじめとする、図書館の基本サービスの充実に努めてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

IMG_20181102_120346.jpg