塩尻市立図書館

HOME本の寺子屋

本の寺子屋

本の寺子屋ロゴマーク.jpg

主旨

「信州しおじり本の寺子屋」は、塩尻市立図書館が中心となって、生涯読書を推進するために設置するものです。原型は、地域の人々の生涯学習と出版業界人の研修の場として、1995年に今井書店グループが鳥取県米子市に開設した「本の学校」にあります。

本事業は、その精神を受け継ぐと共に、塩尻市が出版王国と言われる信州に所在し、日本の出版文化に偉大な軌跡を残した筑摩書房の創設者、古田晁の生誕の地であることに鑑み、講演会、講座等のさまざまな事業を通じて、「本」の可能性を考える機会を広く提供するものです。

活字離れと言われる昨今の状況に対して、著者、出版社、書店、図書館などが連携して本の魅力を発信し、出版文化の未来に寄与するために、図書館を「本の寺子屋」とし、読者も含めてここに集う人々の知恵の交流を促すことで、地方発の文化の創造と発信に挑戦したいと考えております。

皆様のご支援、ご参加をお願いいたします。

テーマ

本の可能性を考えたい。

これまでの講座内容など

2020年度科目

新型コロナウイルス感染拡大により日程を調整している講演会があります。ご了承をお願いします。

講演会

  • 三浦雅士さん「石坂洋次郎と家族の現在」(延期・日程再調整)
  • 髙橋純子さん「〈政治〉を言葉で揉みほぐす」(延期・日程再調整)
  • 7月19日(日)後藤正治さん「言葉の力―『清冽』(中公文庫)より~詩人茨木のり子の肖像~」(終了)
  • 8月6日(木)鎌田和宏さん「これからの教育と読書・学校図書館~新学習指導要領本格実施元年で考えたいこと~」※学校職員向け講座(終了)
  • 8月24日(月)伊東直登さん「これからの図書館を一緒に考えてみませんか」※公共図書館職員向け講座(終了)
  • 8月29日(土)養老孟司さん「これだけは言っておきたかった」(延期)
  • 8月30日(日)中上紀さん「読むこと、書くこと、旅すること」(終了)
  • 9月6日(日)しどせんしゅう(そらしど)さん・高山秀士さん「対談:日本の中の塩尻ワイン」※地域文化サロン
  • 縄田一男さん「戦後時代作家の生き方~五味康祐と柴田錬三郎~」(延期・日程再調整)
  • 10月4日(日)岩瀬成子さん「ずっと子どもを書いてきました」
  • 10月25日(日)春日太一さん「信州を舞台にした時代劇の魅力」
  • 11月8日(日)松本侑子さん「古田晁が敬愛した太宰治と『人間失格』」、阿佐元明さん「この町から本が生まれる」※古田晁記念館文学サロン
  • 11月15日(日)富澤一誠さん「黄金のフォーク・ブーム到来~岡林信康から吉田拓郎へ~」
  • 11月22日(日)丸山貢一さん「コラム〈斜面〉の舞台裏」
  • 2021年1月17日(日)村上康成さん「絵本の力。自然の歌をききながら。」

企画展

  • 6月12日(金)~6月30日(火)えんぱーく10周年記念展「塩尻市立図書館のあゆみ」(終了)
  • 8月1日(土)~8月31日(月)『おしいれのぼうけん』複製原画展(協力:童心社)(終了)
  • 10月4日(日)~10月20日(火)紙のさわりごこちめくりごこち展(協力:藤原印刷株式会社)
  • 11月1日(日)~11月30日(月)『ねずみくんのチョッキ』45周年記念展(協力:ポプラ社)
  • 12月1日(火)~12月28日(月)『ざしき童子のはなし』『よだかの星』いせひでこ絵本原画展(協力:伊勢英子さん、絵本美術館森のおうち)
  • 2021年1月28日(木)~2月23日(火)「本と、絵のある暮らし」柊有花原画展(協力:柊有花さん)

 

パンフレット外面.jpg

パンフレット中面.jpg

パンフレット:terakoya2020(PDF 2.19MB)

講演会の様子写真

講演会の様子

講演会の様子

講演会の様子

講演会の様子

信州しおじり子ども本の寺子屋について